Profile・プロフィール

小林 仁

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業

歌手・俳優として、劇団四季を経て東宝ミュージカル「モーツァルト!」「レ・ミゼラブル」「ミー・アンド・マイガール」等の作品に出演。

その後、ボイス・トレーナーとして「ネバ・ゴナ・ダンス」「スペリング・ビー」「この森で、天使はバスを降りた」「ハロー・ドーリー!」「ショウ・ボート」「舞妓はレディ」などのミュージカルやサンリオ・ピューロランド「Someday」「マイメロディーの星と花の伝説」長崎ハウステンボス「奇跡の薔薇」で歌唱指導を担当。他に、映画「ツナグ」劇中劇舞台指導など。

尚美学園大学 芸術情報学部 舞台表現学科教授

都留文科大学 非常勤講師

日本声楽発声学会会員

 

声楽を藤井京子女史(静岡大学名誉教授)、三林輝夫氏(東京藝術大学名誉教授)に師事。併せて大学在学中より森明彦氏の下でフスラー理論に基づく発声メソッドを学ぶ。その後、イタリアン・ベルカントを学ぶべく故・疋田生次郎氏(元・武蔵野音楽大学教授)に師事。

 

Singer&Voice Trainer   (Professor for the department of Performing Arts,  at SHOBI univ.)

He's studied calssical vocal at Tokyo university of fine arts and music.

He started his career as a singer and actor, and involved in many Japanese productions such as 「The Phantom of the Opera」「Jesus Christ Super Star」「Peter Pan」「Scrooge」「FAME」「Les Miserables」「Me and My Girl」.

After that, started his career as a vocal coach, and involved in 「Never Gonna Dance」「Mozart!」「Rudolf~The last kiss」「The Spitfire Grill」「Spelling Bee」「Hello, Dolly!」「Me and My Girl」「Show Boat」and more.