フジエダヒガシ「思い出は美しすぎて」・・・高校時代の声楽で同門〜東京芸大声楽科〜劇団四季と、同じ道を歩いた後輩(平林剛さん)と組んだ男声ユニットのオリジナルソング。歌詞の一部に、母校(高校)校歌の歌詞を織り込んでます。


「ひとかけらの勇気」・・・誰でも一度は経験したことがあるんじゃないでしょうか?そんな運命的とも言える電車の中での出会いを曲にしてみました。せつなく、ほろ苦い思い出と共に。


番外編“AmazingGrace”


「宅録オリジナル・ミュージカル」シリーズ“私の夢”

 とある作品のヒロインを想定して作ったナンバー。


「宅録オリジナル・ミュージカル」シリーズ“風を感じて”

とある作品のメイン・キャラクター(環境工学の研究者)を想定して作ったナンバー